Parenthesis 括弧
An endless slide show of portraits”Parenthesis”

This work is basically, an endless slide show of portraits that contain a name and attribute on each slide. The slides may look like a catalog of actors, or images of criminals aired on a news channel. While the name remains consistent, the attribute and face change forever. The viewer, in an attempt to connect the three elements of name, attribute and face, will see no core purpose as well as credibility of the slides, and will be exposed to an immense amount of information given before their eyes.

「括弧」無限の肖像

一室の中にぽかんと置かれるノートパソコンの画面に、ほぼエンドレスに流れるスライドショー。画面いっぱいに映し出されるポートレート写真のそれぞれに、対象の名前とその「属性」を示す文字が表記されている。対象の「実体」を示す名前が一定であるのに対して、丸括弧でくくられているその「属性」が絶えず書き換えられていることに気づく。名前と属性と対象を示すイメージ(画像)との間を照合する鑑賞者は、次第に実体を見失い、属性の信憑性も疑い出し、ついに情報量と意味との対比に圧倒されていくのでろう。

ぞく-せい 【属性】
(attribute)

  1. 事物の有する特徴・性質。
  2. 〔哲〕偶然的な性質とは区別され、物がそれなしには考えられないような本質的な性質。例えばデカルトでは、精神の属性は思惟、物体の属性は延長。

『広辞苑』釈

解説:

氏名は特定の人物を識別するのに用いられるはずだが、管理するために記号が振り分けられたりもする。制度の下の身分証明、口座番号、整理番号から、あだな、ニックネーム、ハンドルネーム、ユーザーIDまで、私たちは本名以外の記号によって表される場面が増えている。また、識別の機能を錯乱させるほど、コミュニティ・サイトにおいてほとんどの人は自らの記号を安易に書き換えている。年齢から性別までの属性さえも詐称できる。

よく知っている親友がたび重なってハンドルネームを変えると、私はその都度認識をリセットして記憶力への負担が増すのである。連想しにくいメールアドレス設定も含めば、覚えなければいけない記号と知人の実人数との対比は恐ろしく大きいのでは。

したがって、新聞やニュースで開示される容疑者の本名と丸括弧で示される実年齢をみて、私は異様なリアリティーを覚えたのである。あなたの括弧の中には、どんな「属性」が示されるのでしょうか。

Show

2010.2.15 – 2.27
Mirror Montage ミラー・モンタージュ展
ベルギーフランドル交流センター(大阪)

2009.12.2 – 12.13
Surface of Window 窓の表面 スロー&テンスアトモスフィア
京都市国際交流会館

2008.12.1 – 12.7
“西川口ギャラリー” 埼玉県川口市
JR西川口駅周辺の店舗、空きスペース & masuii R.D.R gallery

2006.2.1 – 2.5
Kyoto Seika University Exhibition of Graduation
Kyoto Municipal Museum of Art