This is a neologism created by combing the words “TECHnology” and
“textURE”, Techure describes the strangeness to the touch presented by
technologies. “ure” means an abstract-noun suffix of action, result,
and instrument, occurring in loanwords from French and Latin.

マレーシア第1回クアラルンプールビエンナーレにて展示中の新作「Techure」は、来場者がブラックボックスに手を入れて柔らかいオブジェクトを揉む映像をリアルタイムに、前方にある巨大な岩に投影するインタラクティブ・インスタレーション。2010年に神戸ファッション美術館の外壁に投影する「軟体都市」のリメイク版でもあります。

テクスチャー【Texture】
textureの略語でもあるtexは、ラテン語のtextus(織物)を語源とするとともに、繊維の糸の太さを表す単位である。糸の直径の測定がほとんど不可能なために、長さ1000mの質量を表す。このtexに動作や過程・存在を表す名詞語尾の-ureが付き、textureとなった。テクスチャーとは、織物の織り方の結果としての生地を意味する。そして、この生地という意味から派生して、自然物である樹木や石などの手触りとその感触という意味を獲得していく。さらにその表面的な感触を構成している組織や構造という意味まで含み、表面の材質感という抽象的な意味を持つに至った。材質感とは、まず視覚的な印象によって、触感的な印象を誘発することである。改めて対象を触覚的に確認することで、このテクスチャー(材質感)という意味を身体感覚から認識にまで昇華することになる。


Kuala Lumpur Biennale 2017
@The National Art Gallery of Malaysia
2017.11.1 – 2018.3.31
10:00-18:00
http://www.artgallery.gov.my/KLBiennale/