Live visual performance with oil & water”Fluid City”

This is the collaborative performance by OHP(OverHeadProjector) and liquid to express microbes which resemble the life floating in the natural law. Each of oil drops might be also yourself rushed in the busy city or before the two separate ways.

ビジュアルライブパフォーマンス「流体都市」
このシリーズは都市というキーワードから始まった。

われわれは、しばしば歴史の流れ、時代の潮流、もしくは社会の情勢に流されていると感じる。なぜフリーターは迫害されるのか、流行の先端をいくのはなぜか、反戦運動で何を変えられるのか…適者生存の集団構造の中で、反抗する時に感じた無力さから、われわれは従う=流されることを覚えた。

生命のはかなさも、反することのできない自然の法則の中から覗くことができよう。この流体の中で、色とりどりの粒が生命のように次々と誕生し、やがて複雑な宇宙を形成しているかのようにも見える。また、粒同士が結合して集団となったり、大きな塊が分離して消えたりもする。個体の動きは活発にみえるが、一歩引いてみれば全体の大きな流れに気づくであろう。果たしてこれは、個体が流されているのか、個体同士の蓄積されたエネルギーで大きな流れが生み出されているのか…いずれにせよ、この流体の動態と現象は、われわれを取り巻く環境、都市とかぎりなく酷似しているのではないだろうか。

流体都市はtanjuichenとKalnaKatsuomによるユニットが行うパフォーマンスが始まりです。電子音楽、歌曲にのせてOHP投影機を使った流体映像ライブが行われるが、2005年の初演以降、国内外にてリメーク再演、手法展開を繰り広げられています。

Cette performance emploie un rétroprojecteur, de l’eau et de l’huile pour évoquer l’idée de microcosme. Ces gouttes d’huile en suspension dans l’eau pourraient bien être vous : vous qui vous déplacez à travers la ville, vous unissant à d’autres avant de reprendre seul votre chemin dans une autre direction. la collaboration par Kalna et Tan, est la projection de l’image de gouttes d’eau et d’huile dans un petit bassin sur OHP (Over Head Projecter) sur un mur par Tan. Performance de Kalna était de compter le nombre de gouttes projetées, sa voix les comptaient dans trois langues sous le son de sa musique électronique et synthétique.

Live & installation show:
2005.8.21 / slow #3 / ライブハウスZink(神戸)
2006.4.7 / presentation9 エレクトロニクスの発想と変異 / shin-bi(京都四条烏丸)
2006.6.10 / Installation in Japan Society of Image Arts and Sciences Conference 2006
2006.6.29 / Installation in KyotoSeika Foreign Students’ Works Exhibition 2005
2006.11.18 / ”ideodetection # 02″ / Galerie Insight (Strasbourg, France)
2007.1.27 / sync-19  / shin-bi(京都四条烏丸)
2007.3.18 / picnic in the full moon 満月のピクニック / 南豆製氷・機械室(伊豆下田)